栃ナビ掲載ページへ
  • ビジネス能力認定サーティファイ各委員会 公開試験会場
  • ビジネス能力認定サーティファイ各委員会 認定講師常駐
  • コンピュータサービス技能評価試験 認定施設
  • ICTプロフィエンシー検定試験-P検 PASS認定校
  • P検インストラクター認定トレーニングセンター(201204制度終了)
  • とちぎ笑顔つぎつぎカード 協賛企業
  • とちぎ就職応援プログラム事業(県庁雇用コース)
  • 栃木県 ジョブカフェ応援隊 企業隊員
  • 栃木県 若年就業体験事業 受入企業
  • 栃木県 若年求職者バウチャー事業 指定訓練機関
  • 栃木県 障がい者向け職業訓練 パソコン科
  • 栃木県 事業主委託訓練(障がい者対象) 受入企業
  • 厚生労働省 緊急人材育成支援事業訓練 訓練機関(201109制度終了)

計理センター

花工房ひまわり畑


有限会社芯和 ICTパソコン教室の考える職業訓練について

授業内容は、超入門~実践まで。大事なのはチームワーク

当校はパソコン教室という名前で運営していますので、IT系の授業が多くなります。

一般的にどんな職種でも必須となるOA基礎、Word®・Excel®・PowerPoint®・Access®・VB・SQL・DTP・Web関係ではIllustrator®、Photoshop®、Dreamweaver®、Flash®、InDesign®等の授業を行います。(訓練の種類によって授業内容は異なります。一度の訓練で全て行うわけではありません。)それぞれソフトウェアの操作方法に留まらず、ビジネス文書・データベース・プレゼン技法・システム開発手法・DTP概論・経営管理・企業会計等周辺知識の習得から実践的な内容までを含みます。

また、Officeソフトでは、バージョン2000・2002・2003・2007・2010、Illustraotor®ではバージョン8・9・10・CS・CS2・CS4、その他各ソフトのバージョンをランダムに使用することで、1つのバージョンしか扱えないという状況を防ぎます。

さらに、ワードがすべて終わったらエクセルをやって、次に…という授業の進み方ではなく、1時間目はワードで2時間目はPhotoshopで3時間目はワークガイダンス…といったように授業をおりまぜて行います。そうすることで、ソフトウェア単体ではなく、総合的に能力を高めていくことができます。

その他、最重要項目として位置付けているのが、コミュニケーション能力を初めとするヒューマンスキルです。企業の採用担当者が最も重視する能力に挙げるコミュニケーション能力は、仕事をしていく上で絶対に避けては通れない同僚や上司、部下、取引先、顧客等との付き合いを円滑に進め、仕事を好転させるための一番の武器になります。グループ実習、模擬面接、話し方、考え方、業界人のセミナー、職場見学等の授業を通して自分自身を見つめなおし、責任感・協調性を養い、生きていく上で必要不可欠な能力を身に付けることは、これからの時代を生き抜くための大きな力になることでしょう。

実用的な授業=難しい!?

「当校の授業は、仕事に就いてから苦労をしないための、考える力を養う実用的な授業です。」

そう聞くと響きはいいですが、実用的な授業は受講者にとっては“難しい”という感想を持たれるようです。それもそのはず。仕事を始めたら一から十まで親切丁寧に教えてくれる会社は少ないのではないでしょうか。

でもご安心を。未経験の方でも、次の5つのことを守れば、修了時には、訓練開始時にある程度できたという人よりも“必ず”できるようになっています。それは何かというと、

  1. 授業中はよく話を聞くこと
  2. ノートを作って重要なことをまとめること
  3. 家に帰ったらその日のうちに必ず復習をすること
  4. 宿題は必ずやってくること
  5. 同じ訓練の受講生への心遣いを忘れないこと

当たり前で簡単なこと。それを期間中毎日続けてみる。それだけです。訓練修了時には考えてもみなかった自分に気がつけることでしょう。

宿題が多くて勉強についていくのが大変!!?

確かに宿題は学生並みに多いかも知れません。でも、苦労をせずに何か新しいことができるようになる。そんなうまい話がどこにもないことはご存知の通りです。

職業訓練の面接に通れば、授業料無料で、条件によっては国から毎月補助金までもらえて勉強をできる大きなチャンスが手に入ります。

あなたはそこで楽をしたいと考えますか?せっかくのチャンスを最大限に活用して未来につなげようとは思いませんか?

就職したら仕事は待ってくれません。勉強できるチャンス。最大限に生かしましょう!

但し、充実のサポート体制には自信!!

通常の職業訓練では、受講生20名~30名に対して講師1名で授業を行い、分からなければ置いていかれます。

しかし、当校では人数を自由に設定できる基金訓練では、訓練生を少数に絞り、ほとんどの授業にベテランの副講師を付けています。さらに、休憩中や授業終了後にも当たり前のように補講をしたり、質問に答えたりしています。(本当に当たり前だと思われると正直つらいところですが…)最近は食べる時間、寝る時間を削っています。

なぜ恩着せがましいのか。それは、言わないと分かってもらえないからです。言わせてください。

訓練校に国から出る奨励金は微々たる物です。しかし、私たちは本心からお金の為に仕事をしているのではありません。

「教育という分野で、少しでも困っている人の心の支援がしたい。」

これが私たちの根本にあるものです。これを生きがいにし、自分の生活を削ってでも働いている仲間にしかできない仕事、できない教育があります。それが誇りを持って言える私たちの仕事です。

訓練申込手順と職業訓練講座一覧

訓練の受講申込方法

当校訓練に申込ご希望の方は、まず、受講申込受付時に詳しい説明(30分程度)をさせていただきますので、ハローワークで受講申込書に印をもらった後、(電話:0285-51-1155)までお電話いただき、都合の良い日時をお知らせください。

ご来校の際は忘れずに「受講申込書」と「ジョブカード」(ジョブカードに関してはハローワークで渡されていない場合は必要ありません)をお持ちください。

説明に納得して頂けました場合、受講申込書をお預かりし、面接の日時をお知らせいたします。

※内容等を勘違いされたまま面接日になってしまうと、少なくない時間を無駄にすることになってしまいます。これを避けるために、ご面倒でも一度ご来校いただきますようお願いいたします。

現在募集中の訓練
過去に行った訓練及びこれから募集予定の訓練
※国の予算等により、必ず実施すると言い切れるものではありません。
職場見学、職業人講話のご協力に感謝致します。(順不同)
  • 三山歯科クリニック 様
  • CSR株式会社 様
  • 株式会社キープキャリエール 様
  • 株式会社下野広告社 様
  • 株式会社下野新聞社 様
  • 株式会社下野新聞社 Aspo編集室 様
  • 株式会社下野新聞印刷センター 様
  • アートヘアーグロウ 様
  • 有限会社リクエスト 様
  • 株式会社ダイサン 様
  • 株式会社ホテル東日本宇都宮 様
  • 株式会社ドクターリフォーム・サンセイ 様