本年も大変お世話になりました(2012年12月28日)

障害者向け求人がインターネット検索可能に(2012年12月25日)

クリスマス会inここわ(2012年12月24日)

手話講演会(2012年12月15日)

一般就労移行スキルアップ研修 スタッフ全員参加(2012年12月10日)

とちぎナイスハートバザールin県庁にてエクシェア実習(2012年12月4日)

手話サークル参加(2012年11月30日)

第2回エクシェアお仕事プログラム開催(2012年11月27日)

真岡木綿実習スタート(2012年11月20日)

道の駅しもつけ ラベル納品(2012年11月17日)

上三川町人権フォーラム(2012年11月13日)

上三川町自立支援協議会プレゼン(2012年11月13日)

ふれあい健康福祉まつり(2012年11月10日)

上三川町社会福祉協議会ラベル制作(2012年11月10日)

利用スタート(3名)(2012年11月9日)

ふる里まつり稚児行列・お祭り広場参加(2012年11月4日)

障害者職業生活相談員資格認定講習(2012年11月6-7日)

カルフルとちぎ見学(2012年11月3日)

共生社会地域フォーラム(2012年11月3日)

上三川町町長と語る会 参加(2012年10月30日)

第1回エクシェアお仕事プログラム開催(2012年10月30日)

アビリンピック全国大会見学(2012年10月21日)

道の駅しもつけ 初納品

とちぎ高次脳機能障害友の会来所(2012年10月19日)

とちぎ高次脳機能障害友の会

のざわ祭見学(2012年10月13日)

外部参加可 無料セミナー「エクシェアプログラム」開催

10月30日(火)13:00より、障害のある方を対象とした無料セミナーを開催します。
>>パンフレット(PDFファイル)<<
このプログラムは、参加人数を10名までとさせていただき、「仕事で活躍する方の生の話を、少人数対話形式で聞ける」というものです。就労に向けての不安等を第1線で働く方に直接聞くことができる貴重な機会となっています。
興味のある方は、ハローワーク、障害者就業・生活支援センターでもお申し込みできますので、この機会に是非ご来所ください。

真岡もめん勉強会(2012年10月5日)

ここわの作業活動で予定している真岡もめん実習に向けて、スタッフ6人全員で真岡木綿会館まで研修に伺いました。
今回の目的は、真岡もめんの製作工程を全員が理解することと、メインで担当するスタッフを決めることでした。
残念ながら今回は時間の都合で全工程を学習できず、具体的な内容と担当スタッフという重要な部分は次回に持ち越しになってしまいましたが、木綿という素材に限らず、様々な展開に結びつけられる有効な勉強会にすることができました。

上三川町商工会事業所説明会(2012年10月3日)

利用者の方の実習先・就労先確保のため、開所前から数回、上三川町商工会にお願いし、晴れて役員会議での事業所プレゼンの機会をいただきました。
今回は、

  • 弊社の沿革
  • 就労移行支援事業について(上三川町初の就労移行支援事業所のため)
  • 障がいの種類
  • 上三川町の近隣に対する障がい者数の推移
  • 障がい者が就労するために必要な事
  • 事業所の取り組み
  • 事業所取引団体
  • 商工会の皆様へのお願い(イベントへの参加、仕事の依頼、実習の受け入れ等)

等についてお話をさせていただき、大変ありがたいことに理解を得る事ができました。
11月4日に開催される「かみのかわふる里まつり」へも参加できることになりました。まだまだ始まったばかりですが、これからも地域に根ざした活動を続け、障がいがあろうと無かろうと安心して就労できる環境作りを進めていければと考えております。

道の駅しもつけ生産者組合説明会(2012年9月25日)

事業所内覧会開催!!(2012年9月25日)

内覧会のご案内(2012年9月17日)

2012年9月25日(火)10:00-15:00
当事業所にて内覧会を開催致します。各機関・施設の方々にもご来所いただく予定です。
当日は利用に関する相談もお受けできますので、この機会に是非ご来所ください。
なお、当日の駐車場に関しまして、セブンイレブン様の裏側をお借りしましたので、以下の通りお願い致します。

駐車場ご案内

ステップアップ雇用(2012年9月17日)

壬生町就労支援施設むつみの森様見学(2012年9月12日)

自閉症の人の就労支援セミナー(2012年9月9日)

高次脳機能障害セミナー(2012年9月8日)

NPO法人チャレンジド・コミュニティ様見学(2012年9月5日)

社名変更 有限会社芯和(ここわ)(2012年6月1日)

2003年7月1日から有限会社アンティルとして事業運営をおこなっておりましたが、この度、社名を変更し、有限会社芯和(ここわ)と名乗る事となりました。
芯和とは、「広い視野を持って芯を尊び、心の和を重んずる人を育てる」という意味です。一人ひとりが皆違う人間で、それぞれに芯を持っています。その芯を広い視野をもって受け入れ、自分だけのことを考えるのではなく、周りの人のことも考えて行動できるような人間を育てていく事を目標に社員一同努力していきます。
これからも芯和をよろしくお願いします。

障害者向け職業訓練パソコン科 第4期 訓練開始(2012年5月21日)


ステップアップ雇用 2名入社(2012年5月14日)

ステップアップ雇用助成金制度は、1日8時間働く事が難しい障がいのある方が、まず1日3-4時間、1週間に10-20時間の間で働き、仕事に慣れながら時間をのばしていき、最終的にフルタイムで働けるようになる事が目的の制度です。これに該当すると、企業に対しては雇用者1人当たり25,000円/月の助成金があります。また、2人以上同時に雇用することでの追加の助成金25,000円/月もあります。
助成金をいただけるとは言っても、まずは働くという事はどういうことか、なぜ挨拶が必要なのかという基本的な教育からはじめなくてはなりません。予定調整や教育につきっきりになるスタッフの人件費を考えると、かなりの赤字覚悟でのスタートになりました。

上三川町で貸店舗発見(2012年4月25日)

就労移行支援事業書ここわは当初、これまでパソコン教室・職業訓練を行ってきた下野市下古山のヨークベニマルテナントの空き室を新たに借りて立ち上げる予定でした。しかし、何気なく通りかかった上三川町で、駐車場付き1戸建ての空き店舗を見つけました。早速問い合わせ、不動産屋さんにも快くご協力をいただき、家賃の割引までしていただきました。

障害者就業・生活支援センターめーぷる 訪問(2012年4月17日)

障がい者の生活全般の支援から、実習、就労先の確保、ジョブコーチ支援までを行う通称ナカポツセンターに初めて伺いました。今までハローワークとのつながりしかなかった弊社ですが、これから様々なつながりを作るための大切な出会いになりました。

株式会社ウイングル様 来社(2012年4月17日)

全国規模で就労移行一本で展開し、ダントツの就労実績を収めているウイングル様に連絡し、那須塩原市からはるばる来社いただき、就労移行の運営についてご教授いただきました。

ステップアップ雇用者 面接(2012年4月13日?16日)

障がい者向け求人を出し、今回4名の応募がありました。正直、就労レベルに達している応募者は1人もいませんでしたが、これからの成長に期待し、内2名(精神2級)を短時間から雇用し、育てていく事を決めました。

栃木県 企業と連携した雇用支援事業 説明会参加(2012年4月10日)

昨年、弊社は栃木県に対し、「障がい者向けの職業訓練への予算を増やしてほしい」「職業訓練後、ボランティアで支援しなければ就職できない状況を解決するためには、様々な事業が連携する必要がある」という内容の意見書を提出しました。今回はそれが聞き入れていただけたのだと勝手に喜びました。県の企画内容は、障害のある方を5名雇い入れ1年間訓練し、一般企業へ就職させる。その間の経費を県が持つというものでした。入札に通るのは1社ですが、ぜひ参加しようと思います。

栃木高齢・障害者雇用支援センター 来社(2012年3月16日)

昨年見学させていただいた栃木県障害者技能競技大会「アビリンピック」について、センター長に来社いただきご説明いただきました。弊社はパートさんを含めて従業員4人の小さな会社です。訓練・実習の受け入れ経験こそあれ、まだ障がい者を雇用した経験は1回(3ヶ月間)しかありません。スタッフを増やす資金などどこにもありません。でも、これからの社会を変えていくため、前例のないことを率先してやって行こう!と決意しました。

栃木障害者職業センター 訪問(2012年3月9日)

障がいのある方の就職へ向けた支援がしたい!しかしこれまで通り仕事の合間にボランティア的に支援を続けていくのは正直厳しい。何か方法はないか?先の見えない状況の中、思い切って職業センターに訪問し、会社をはじめてからこれまでの経緯をお話しする中で、所長様に「就労移行支援」という形態がある事を教えていただきました。昨年せせらぎ会様を見学させていただいた際に、県央産業技術専門校の担当の方に教えていただいた時にはピンと来なかったこの言葉ですが、この時、「就労移行支援」これをやってみよう!と思いました。

Copyright © 2012 Cocowa Co., Ltd. All Rights Reserved.