News

有限会社芯和2021年年賀状の写真

Cocowaに関わってくれた皆様、2020年もありがとうございます!2021年もどうぞよろしくお願い致します!!

芯和

2020年は、新型コロナウイルス禍で社会全体が大きく変化し、一人ひとりの生活も、仕事も、大きな変化を余儀なくされた1年でした。
Cocowaでも在宅就労を始め、2019年11月に開所したばかりの就労継続支援B型のメンバーも含めて在宅勤務になることが多くなりましたが、感染者はなく全員が健康で過ごすことが出来ました。
12月最後の出勤日に、メンバーのふりかえりの言葉の中で、
「とても楽しくて、みんなの笑顔も嬉しくて、心の底から嬉しい、楽しいという感情が沸いてきました。私は、感情があまりでないのですが、Cocowaにきてほんの少しですが変われたと思います。」
「2020年で楽しかったことは、Cocowaに来られたことです。いろんな経験をできるので。」
などが聞かれ、仲間の一人としてとても嬉しく思います。今後もメンバーを含めスタッフ全員で協力して成長していける環境を創っていこうと思います。

ただ、感染自体で、また感染による恐怖や情報の少なさや経験のなさ、人間の弱さにより傷ついた方々も多かったと思います。自分たちがよければそれでいいということは絶対にありませんし、いつ誰が感染するかもわかりません。見えないウイルスの驚異に対し、感染拡大を食い止め、収束させるために、一人ひとりが出来ることをしていかなければならないと思います。
また、感染者が出てしまった際にも、一人ひとりの心を守りつつ感染を広げないために、迅速かつ確実な対策が重要だとも思います。

2020年は、直接配布する印刷等の仕事は減り、ネットを介して配信する動画編集などの仕事が増えました。直接人と会わずにオンラインでのやり取りが多くなり、そもそもの仕事自体の目的も変化したと感じています。
2021年はその状況がさらに進んでいくと思われます。その中で芯和でも、パソコン教室のオンライン授業の拡張や、インターネットを活用した新しい仕事の仕方を模索し続けていきます。
ただ、芯和の中心にあるのは、2003年当初から変わらず「人の心」です。「人とのつながり」「人とのぬくもり」を大切に、これからも出来る貢献を続けていこうと考えております。
2021年1月1日

戻る