就労移行支援事業所ここわロゴマーク

お問い合わせ0285-38-9350

メイン画像

ここわを利用するには?

1.0285-38-9350へ電話連絡

現在利用しているセンターや、病院のワーカーさんを通じてご連絡いただいても大丈夫です。聴覚に障害のある方はメール(info@cocowa.co.jp)で受け付けも可能です。(簡単な手話対応可)

2.見学・体験・事業所の説明を聞く

見学・体験は随時行っております。担当:高橋まで連絡をいただければ日程を調整させていただきます。 ご家族の方や先生、ワーカーの方同伴でも大丈夫です。

3.サービス等利用計画を作成する

相談支援専門員さんに就労したい旨を相談し、今後の生活全般に関する計画を作成していただきます。その後、お住まいの市町村役場に申請し、障害福祉サービスの支給決定を受けます。今まで相談員さんとの関わりがなく不安がある方は、就労分野が得意で信頼のおける相談員さんをご紹介しますのでご安心ください。

4.事業所と利用契約を交わす

事業所について詳しく説明させていただき、お互いに納得の上で利用契約を行います。その後、目標と、障がいや今までの経歴などをお聞かせいただいたうえで、個別の就労支援計画(個別支援計画)を作成します。支援計画は、定期的に面談を行い、目的や状況の変化に応じて適宜変更を加えていきます。

5.利用開始、訓練・実習・就職準備

利用期間は最長2年間。基本的に月・火・水・金・土曜日の9時から15時まで通います。

6.面接・就職、働き始める

自己研究、企業調査、面接準備を行い面接、会社との雇用契約日にここわとは契約終了です。契約が終了しても、職場の担当の方との調整、雇用条件の調整等の支援を行なっておりますのでご安心ください。

7.働き続ける

就職の次は、働き続け生活を安定させることが目標です。一期一会の出会いを大切に、修了後も相談等は受け付けています。

2018年6月、就労定着支援事業所の認可を取得し、就職後も就労定着支援事業所と契約を交わし、支援の継続を行うことができるようになりました。

初回からの流れの一例(精神手帳所持、Webデザイナーとして就労の方の例)

0ヶ月 相談/体験 初回相談後、3日間の体験利用(PC基礎,エクシェア等)

デザインの入稿データとして取り扱うWord,Excelなどや、社会人としての意識と考え方・行動を経験を通して身につけていくエクシェアプログラムなどを体験
※目標やスキルなどによって、体験・プログラムの内容は相談の上確定します

2ヶ月 プログラム 役所から受給者証交付後利用契約、プログラム開始

本人の目標(デザイン関係の仕事に就く/Webを勉強したい/ビジネススキルを取得したい他)を確認しながら、3ヶ月間面談、実践、見直しのサイクルを回す

6ヶ月 様々な経験 学習、業務、ふりかえりのサイクルで定期的に見直し

やり遂げたり失敗したりの経験から成長し目標を具体的なものにしていくと同時に、デザイン系の会社見学・美術展・研究会などに参加し、深く新鮮な経験を吸収する

20ヶ月 就活準備 ポートフォリオ作成

これまでの業務実績、作品などをデザイン講師、就労支援担当と相談しながらポートフォリオとしてまとめていく

24ヶ月 就職活動 面談、面接、実習

就労支援担当がデザイン系一般求人枠からメンタル面も考慮して勤務先を調整、実習・就職も見据えて会社見学、面接(継続利用による就職可能性が高いため、期間を8ヶ月間延長申請)

30ヶ月 職場実習 Webデザイン業務の職場実習

人事担当者と就労支援担当とで密に連携調整を行い、就労に向けた職場実習を実施

32ヶ月 パート雇用 Web事業部所属としてパート雇用

週4日1日5時間から勤務開始、就労支援担当が定期的に訪問し調整を行う

44ヶ月 正社員雇用 Webデザイナーとして正社員雇用

週5日1日8時間残業有の正社員として雇用、自ら主体的に選択して働いていく

その後もここわとの関係は続き、仕事・プライベートともに充実した人生を送っている。

お預かりする個人情報について

お預かりした全ての個人情報は、支援目的以外に利用する事はありません。
また、よりスムーズな支援体制を提供するため、障害者就業・生活支援センター、障害者職業センター、ハローワーク、他の事業所等と、都度利用者本人の同意を得た範囲内で共有させていただくことがあります。

Copyright © 2012 Cocowa Co., Ltd. All Rights Reserved.

ページトップへ移動